ワイモバイルのキャンペーンと料金・特典・端末を解説していきます。

ワイモバイル料金プラン

ワイモバイルの料金プランを解説していきます。

スマホベーシックプランS

ワイモバイルのスマホベーシックプランSは、基本で月3GBまでのパケットが使用できるコンパクトな内容です。国内通話は10分以内であれば無料で利用でき、系統サービスの特典も利用できます。なのであまり大容量の通信は行なわない人に適したプランと言えるでしょう。

契約はSIM単体でも結ぶことができ、新しくSIMフリースマホを購入するだけでなく、既に持っているスマホのロックが解除してあれば入れ替えるだけで利用できるようになります。

スマホベーシックプランM

ワイモバイルのスマホベーシックプランMは、通話もインターネットも最初から込みなので縛りなしで楽しめるのが特徴です。

1回10分以内なら国内通話無料で、インターネットは月々12GBまで使用できるパケット通信定額プランになっています。
ワイモバイルのSIM単体の契約でも、ショッピングや電子コミックの閲覧が利用可能です。

新規割なら契約翌月から6ヵ月間基本使用料700円割引、おうち割光セット適用なら1200割り引きしています。

スマホベーシックプランR

長らくの間、愛用されていたワイモバイルスマホベーシックプランLは廃止されました。
ワイモバイルでは2019年10月に大幅な料金改定があり、基本料金の値下げに加えて、「2年間の継続使用」という契約のくくりがなくなり、いつでも契約を解除を無料でできることになりました。
スマホベーシックプランに代わって登場したのが「スマホベーシックプランR」で、月額使用料が「4980円」で高速通信データーは「14GB」まで使用できるようになっています。

ワイモバイルの割引

ワイモバイルで実施されている各種割引を解説していきます。

新規割

「新規割」とは2019年10月1日以降に新規もしくはMNP及び契約変更で、ワイモバイルのスマートフォン・PHSを除くケータイ・SIMの契約をした個人顧客が対象となる割引サービスです。その特典として加入翌月から6ヶ月間、基本使用料金が700円引きとなります。尚、対象外プランへ契約変更した場合はこの特典は解除されますし、他のキャンペーンとの併用が不可能なケースも存在しますので、注意事項として留意しておきましょう。

おうち割光セット

ワイモバイルのおうち割光セットは、指定のインターネット光サービスを契約しているかもしくは新たに契約することで、スマホベーシックプランの月々の料金から500円以上最大1000円割り引くサービスです。

対象となる光サービスはSoftbankAirとSoftbank光で、新たに契約した場合は申込み月の翌月から最大5ヶ月間プランSが500円、プランMは700円、プランLに至っては1000円の割り引きとなります。

家族割引サービス

ワイモバイルでは家族割引サービスという、複数契約時にお得になる内容があります。2回線目からの月額基本料から500円引かれるというもので、スマートフォンやwifiなど複数の契約が対象になります。最大で9回線まで同時に申し込むことができます。適用する条件は血縁や婚姻関係があることか、同じ住所で申し込めることです。その条件さえ満たしていれば、一人で複数回線を契約したり、遠く離れた場所で暮らしていても適用されます。

データ増量オプション

ワイモバイルでは月々の高速データ量が一定に設定されていますが、データ増量オプションで上げることも可能です。スマホのベーシックプランが増量の対象で、RからLでそれぞれ追加される量が異なります。

新規での契約や機種変更のタイミングで一緒に申し込む場合はその当月から適用されますが、付き途中などで追加するのであれば翌月からとなるので注意しましょう。また新規あるいはPHSからの移行に限り、初月の利用料はかかりません。

ワイモバイルの通話料

ワイモバイルの通話料を解説していきます。

10分かけ放題

ワイモバイルでは、全プランに10分以内の通話がかけ放題となる「10分かけ放題」が基本料金に含まれています。

ワイモバイルの10分かけ放題は、国内に電話を掛けるとき通話時間が、10分以内であれば何回かけても無料だという、電話好きにはうれしいコミコミサービスです。

よく同じ携帯電話会社であれば、通話は無料だという話を聞きます。しかしワイモバイルの10分かけ放題は、他社の電話を使っている人との通話でも、10分以内であれば無料で話すことができます。これがワイモバイルのスマホベーシックプランのコミコミサービスの特徴です。

10分を超えた分の通話料

ワイモバイルでスマホのプランを契約した場合は、国内電話が10分以内であれば通話料が無料です。10分を過ぎると30秒につき20円が追加されていきます。これはあくまでも国内だけが対象となり、国際電話や他の電話サービスなど例外があるので注意しましょう。

そしてその他にも10分の時間制限がない、完全版のサービスも選択可能です。またスマホではなくケータイでの契約となった場合には、どの電話を対象にして通話するかによっても変わってきます。

完全通話定額(時間無制限かけ放題)

ワイモバイルのスマホベーシックプランには、10分かけ放題が含まれています。ワイモバイル間はもちろん、他社のスマートフォーン・ケータイや固定電話への国内通話が10分以内の通話に限り無料になります。

しかし、1回につき10分までという制約があり、10分超過分は30秒ごとに20円の通話料がかかります。ちょっと話しが盛り上がると10分はすぐに経過してしまいます。この制約を解除するオプションサービスが、スーパーだれとでも定額です。オプション料の1000円を支払うことで、通話時間・回数ともに無制限になるので、時間や料金を気にすることなく通話できます。

ワイモバイルの特典

ワイモバイルの契約特典を解説していきます。

Yahoo!プレミアム

ワイモバイル「Yahoo!プレミアム」は、ワイモバイルの契約とヤフージャパンのIDを連携すると0円で利用できるヤフーのワイモバイル契約者特典です。

利用できるサービスは、ヤフーショッピングで買い物すると対象金額のプラス5パーセントがペイペイボーナスライトで付与されます。お買いものあんしん補償やヤフオクの落札システムの利用料が割引価格で利用可能です。

また、ヤフーかんたんバックアップのデータ容量が無制限で利用できます。他にも割引クーポンが使い放題やヤフーの読み放題プレミアムなどが無料で利用可能です。

パケットマイレージ

ワイモバイルのパケットマイレージは提携サービスを利用するとマイルが貯まるものです。サービスを利用することによりマイルが貯まりランクに応じた通信速度制限解除が無料になる仕様をしています。これは80から199マイル貯めるとブロンズランクとなり追加料金無料回数が1回分無料になるのがメリットです。

600マイル貯めるとプラチナになり追加料金の無料回数が無制限になるので、お得な内容でしょう。特に申し込み費用などもかからないのでコスト面でも優れています。

ワイモバイルの端末

ワイモバイルの人気端末をご紹介していきます。

Android One S7

Android One S7は、約5.5インチのディスプレイを備えたスマートフォンです。

充電が1週間持つ、4000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、充電切れを気にしなくても良い点が特徴です。
防水、防塵加工がされているため、お風呂での使用や、ふとした時に水がかかってしまっても心配ありません。
ワイモバイルで契約すると端末価格の分割払いも可能になることと、キャンペーン期間中であれば、PayPayポイントがプレゼントされることが他者との違いになります。

Android One S6

ワイモバイルのAndroid One S6は画面サイズ5.84インチでバッテリー容量3050mAh、最大通信速度112.5Mbpsの京セラ製スマートフォンです。
超広角撮影ができるデュアルカメラと便利な指紋認証を備えており、端末価格は2019年12月中旬の発売以降に発表されます。
最大待受時間は約650時間で耐水と防水機能付き、カメラ画素数は約1600万画素、TFT液晶なので見やすい画面のスマートフォンです。

Xperia 8

2019年10月25日発売のXperia8は、ワイモバイルのおすすめ機種です。

ワイモバイルで購入すれば割引等を併用して、端末価格もお安くすることができるところが良いです。

防水・防塵はもちろん、バッテリー容量2,760mAhでありカメラ画素数1,200万画素+800万画素という非常に優れた機能性を有しているのが特徴的です。まさに、Xperia8の機能には日本の技術力が集結したともいえ、世界に誇れる機種になっています。

Libero S10

ワイモバイルでは格安スマホLibero S10を扱っています。

こちらは2019年発売のモデルでコスパが優れているのがメリットです。画面サイズ5.7インチと見やすくカメラなどの基本性能も備えています。

防水防塵仕様なのでヘビーな使い方をしても壊れる心配がない一品です。

P30 lite

ワイモバイルのP30 liteは、高性能CPUでメモリは64GBと大容量なので、快適な動作でアプリや写真も安心して保存できます。さらに3,340mAhの大容量バッテリーを搭載し、急速充電に対応しているので、充電不足が心配な時もすぐに対応可能です。

約6.15インチでフルHDを採用したディスプレイは、迫力のあるコンテンツを存分に楽しめます。カメラはAIトリプルカメラで、AIのアシストにより手軽にプロ並みの写真を撮影できます。

かんたんスマホ

ワイモバイルのかんたんスマホは、端末価格の安さだけではなく、使いやすさと安心を追求したスマホです。
使いやすさだけではなく充実した機能も搭載しており、カメラの画素数は満足の1.300万画素で、写真を綺麗に撮影できます。また、防水・防塵の仕様となっているので天候の悪い日でも安心して使用できます。

画面サイズも約5.0インチで、大きめの画面で見やすく操作もしやすいです。ワンセグ機能もついているので、出先でもお好きなテレビを見ることが出来ます。

iPhone 7

iPhone 7をワイモバイルで購入すると端末価格を安価に抑えることができるのでおすすめです。iPhone 7は発売されてからなお根強い人気を有しており、デザイン性や機能性の両面において高評価を得ている機種になります。

耐水機能と防塵機能もついているので、アクティブな活動をされる方にも人気があります。また、カラーバリエーションも4種類と豊富なため自分の好みのデザインを選択することができるのも高評価のポイントとなっています。

ワイモバイルと他社MVNOの比較

ワイモバイルと他社の格安SIMの比較をしていきましょう!

UQモバイルとの比較

格安通信事業者として有名なワイモバイルとUQモバイルですが一体どちらと契約したほうが得なのか、考えてしまうことももあるでしょう。
一度比較して自分にどちらが合っているのかを見極める必要があります。
大きな違いとしてはそれぞれの会社の安定性、月々の料金です。

UQモバイルは他社からの乗り換えを一番の主体としているため通信料そのものは1480円からと非常に安くなっていますが端末の代金は別途必要となります。

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、新規申し込みや他社からのMNPの場合に契約できるもので、月々のデータ通信量4GBのSタイプなら半年間1980円です。その後は2180円となり、最大17GBのLタイプは半年間3980で契約できます。

楽天モバイルとの比較

楽天モバイルのスーパーホーダイは誰でも契約でき、月々2GBまでのSプランが1480円ですが、楽天市場利用者のうちダイヤモンド会員になると月々980円となりますから、比較すると楽天モバイルの方がやや安くなります。但しワイモバイルはデータ増量オプションが2年間無料となり、通信量は最低でも月4GBまで使えます。
音声通話はワイモバイルと楽天モバイル共に、10分以内の国内通話であれば何度使っても料金は発生しません。

IIJmioとの比較

ワイモバイルとIIJmioを比較した場合、まず通信速度に関してはソフトバンクの高品質の回線を利用することが出来る点でワイモバイルの方が速いです。そして月額料金に関してもワイモバイルの方が格安で利用でき、しかもデータ容量プランに関わらず、基本料金だけで10分かけ放題が付いています。

IIJmioの場合では別途オプションで1,000円かかるため、それよりもお得さが存在します。IIJmioがワイモバイルと比較して優れている点は、データ通信量を使用しない場合には翌月以降に繰り越しを行える点です。
従って比較をする上では、通話を重視する場合にはワイモバイルで、データ通信を重視する場合には通信量の繰り越しを行うことができるIIJmioを選択することが適しています。

mineoとの比較

「ワイモバイル」と「mineo」を比較した場合、大きく違うのは運営会社の安定性でしょう。mineoは関西電力関係の企業ですので、安定性はありますし、安心して利用することが可能です。

月々の料金面ではワイモバイルが勝っているという状況ですので、利用者の側で比較して選択すると良いでしょう。利用者数という面でも両方ともかなり多くの人が利用しており、それほど問題も発生していないという状態です。こういった状況は今後も続くものと思われます。口コミサイトでの評判も遜色ないというような状態ではないかと思われますね。

OCNモバイルONEとの比較

ワイモバイルはソフトバンク系の格安SIM、OCNモバイルONEはドコモ系の格安SIMですので、元々のキャリアの回線を使ってきたユーザーはスマホや携帯電話をその回線で使ってきたケースが多いです。これらを使う事で使い勝手がほぼ変わらずに月額利用料金が大幅に下がるでしょう。
ワイモバイルとOCNモバイルONEを比較した場合、ワイモバイルには10分まで通話し放題が標準でついてきますので、ワイモバイルがOCNモバイルONEよりも有利な部分は通話をするのかどうかという部分になってきます。通話を10分程度する機会があるのであれば、ワイモバイルを選んだ方が料金面で良いですし、山間部などでもネットを使う事があるのであれば、OCNモバイルONEを選んでおきますと便利です。