転職時の面接で給料交渉を行ってみる

採用された後の給料は、多くの求職者の方々が気にしています。

高収入な職場を望んでいる方々も多いのですが、それが理由で転職を行う方も珍しくありません。

その場合、給料交渉が1つのポイントになるでしょう。成功する事もありますから、試しに交渉してみるのも一法なのです。

 

1.面接時に給料に関する交渉をしてみる

 

例えば求人広告に、初任給が27万と記載されていたとします。その会社に興味を持ったので、転職の為に面接を受けたとします。

ところで面接時に、27万という数字に関して交渉をする手段もあるのです。

27万でなく、28や29などと初任給を上げてほしいと交渉する選択肢もあります。もしくは、ボーナスに関して交渉するのも一法なのです。

 

2.交渉が成功する事はある

 

ちなみに交渉によって、実際給料が上がっている事はあります。というのも企業としても、何とかして人材を確保したいと考えている事も多いのです。

それで誰か優秀な人材が応募してきた場合は、人事担当者としても採用したいとは考えるでしょう。

採用したい気持ちがとても強い時などは、交渉に応じてくれる事もあるのです。人手不足な会社などは、求人広告よりも初任給が高くなる事もあります。

 

3.必ず成功するとは限らない

 

ただし、もちろん交渉の成功率は100%ではありません。やはり、人事担当者の目線は考える必要があるでしょう。

応募者を採用する事で、企業にどういうメリットがあるかをよく考えて交渉しないと、失敗してしまう事もあります。また言い方なども、それなりに工夫する必要もあります。

人事のホンネ【面接編】面接でお給料の交渉をする

 

4.紹介会社に代行をしてもらう

 

ちなみに交渉が不安な時などは、思い切って人材紹介会社などに相談をしてみるのも一法です。というのも紹介会社の場合は、給与交渉なども代行してくれる事があります。

登録者がどこかの企業に採用される事は、紹介会社にとってもメリットがあるので、交渉も引き受けてくれる訳です。そもそも交渉すると言っても、やや言い出しづらい事もあるでしょう。

どうやって交渉すれば良いか分からない時などは、紹介会社を活用してみるのも一法です。現に、それで成功している事例もあるのです。

 
収入アップの為に交渉してみる
 

ですから転職時の給料交渉に関しては、

・給与が上がる事例は確かにある

・人事担当者の目線を考えるのが大切

・人材紹介会社による代行も一法

このように言えるでしょう。やはりどこかの会社で働くにしても、給料は軽視できません。収入アップなどを目的に転職をしたいなら、思い切って交渉してみるのも悪くないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です