転職活動に備えての自己分析と人材会社のサービス

人間には向き不向きがあると、よく言われます。ですから転職を行うなら、自己分析を行う事も必要ではあります。

そうでなければ、転職後に苦労してしまう可能性もあるからです。そのためには、人材会社のサービスを活用してみるのも一法です。

 

1.人それぞれ異なる向き不向き

 

そもそも人間には、個性がある事は間違いありません。それぞれ適正も異なっている訳ですが、例えばプログラマ向けかそうでないかという問題はあります。

その職種に向く方もいますが、その逆もある訳です。プログラマに向いているかと思いきや、実は営業職向けというパターンもあるでしょう。

 

2.不向きな転職先で働くデメリット

 

それで問題は、不向きな仕事に就いてしまった時です。転職活動をするのは良いですが、残念ながら自分に向いていない会社で内定になってしまう可能性もある訳です。

その場合、苦労してしまう可能性もあります。自分に向いていない場合、仕事についていくのも大変ですし、なかなか成果を発揮できない可能性もあるからです。

努力によって何とかなる事もありますが、やはり多少の向き不向きがあるのも事実です。

 

3.一旦立ちどまって自己分析をする

 

それを防ぐ為には、やはり自己分析を行うべきでしょう。

転職をするのは良いですが、自分で自分の適性がよく分かっていないと、やはり苦労してしまう確率も高まります。

一旦は面接のスケジュールを組むのを中断し、時には自分の適性をよく考える事も大切です。一見遠回りに見えても、かえってその方が内定率が高まる事もあります。

 

4.人材会社による自己分析のサービス

 

ちなみに自己分析をしたい時には、人材サービスの会社に相談するのも一法です。なぜなら一部の会社では、自己分析に関するサービスを提供しているからです。

例えばある有名な会社は、サイトで自己分析をする事ができます。

いくつか質問に回答していく訳ですが、選んだ内容に応じて、自分の性格が画面に表示されるサービスがあるのです。

何もサイトだけではありません。人材会社によっては、紙媒体で分析をしてくれる事もあります。ですから自己分析に関するヒントを得たい時には、それを活用してみるのも一法でしょう。

急がば回れ。転職活動を効率よく進めるためのコツ | パソナキャリア

 

転職の自己分析についてのまとめ

 

以上を考慮すれば、

・自分の向き不向きを知るのは大切
・向いている転職先で働く為にも自己分析をすべき
・人材関連会社のサービスを利用してみる

主にこのように言えるでしょう。ちなみに面接では、自分の適性を自覚しているかどうかも確認される事も多いです。

人事選考に備えるためにも、よく自分を分析する方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です