転職の自己紹介で気を付けるべき主なポイント

転職をする場合、必ずと言って良いほど自己紹介をする事になります。

自己紹介で注意すべき点は色々ありますが、全体的には分かりやすさと話し方がポイントになります。とりわけ分かりやすさは軽視できません。

 

1.話の分かりやすさを心がける

 

そもそも自己紹介は、すれば良いという訳ではありません。相手に自分の言いたい事が伝わるのが大切なのです。

その際に軽視できないのは、やはり話が分かりやすいか否かです。取り止めも無くまとまりが無い話をしてしまえば、もちろんマイナスポイントになります。

要点をしっかり押さえて、分かりやすい自己紹介をすべきでしょう。何を伝えたいかが不明な自己紹介だけは、避けるべきです。

 

2.長さは適切にする

 

他にもあります。あまり長すぎるのは良くありません。一般的に自己紹介は、だいたい1分程度が適切と言われています。当然むやみに長くするのは避けるべきでしょう。

上記の分かりやすさにも少し関わってきますが、あまりにも冗長な話をしてしまうと、やはり減点されてしまいます。

端的かつ簡潔に自己紹介するべきでしょう。だからといって、もちろん極端に短い自己紹介も禁物です。

 

3.話し方は軽視できない

 

もちろん自己紹介の話の内容も大切ですが、意外と軽視しがちなのは話し方です。例えば声の大きさや明瞭さなどは、軽視できません。

あまりにも声が小さすぎますと、面接官がストレスを抱えてしまいます。

また口ごもっていて、話が非常に不明瞭ですと、同じく減点要因になってしまいます。明確かつハキハキとした話し方を心がけるべきです。

 

4.目線にも要注意

 

それと話している時に、きちんと目線は合わせるべきでしょう。アイコンタクトが取れる人材かどうかも、採用基準の1つだからです。

うつむいた姿勢で自己紹介をしてしまいますと、暗い印象を与えてしまいかねません。ただアイコンタクトすべきとは言っても、あまり相手を見てしまいますと、かえって疲れてしまいます。

よく言われる事ですが、ネクタイの結び目あたりを見ながら自己紹介をすると良いでしょう。したがって転職時の自己紹介には、次のようなポイントがある訳です。

・分かりやすさ
・長すぎず短くしすぎず
・話し方
・目線

 

分かりやすく自己紹介をする

 

このように自己紹介には様々な注意点はありますが、結局は分かりやすさと話し方の2つがポイントになるでしょう。

特に話し方などは盲点になりがちですから、注意を要します。気持ち大きめな声で話すよう心がけると、やはり印象も良くなる傾向はあります。

就活生、転職活動者必見!面接へ通過するための上手な自己PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です