待遇改善を求めての転職!保育士としていい環境で働こう

求人ニーズが高い保育士は、待遇改善を求めて転職をするかたが多く見られる仕事の一つでもあります。

保育士の転職理由として上位に挙げられるのは、

・給料への不満
・人間関係
・労働時間

など、他業種と大きな違いはありません。

待機児童を多く抱えており保育所の増設が進められている現代ですので、そこでは少しでも多くの働き手が求められます。売り手市場の保育士は、より良い条件の職場を求めて職場を探しやすいというのがメリットです。

 

1.給料アップのために公務員保育士を目指してみる

 

保育士として働き続けたいけれども給料が安すぎるのが不満、そんな悩みを抱えているかたは少なくありません。しかし、私立の保育園か公立の保育園かでもかなり待遇が違ってきます。

一般的に給料が安いとされている私立保育園の給料の相場は平均で300万円前後と決して高くないのですが、公務員保育士になると公務員と同じ水準となって500万円を超える程の差です。

私立保育園の中でも経営規模によって給料には違いが出てきますが、大幅な給与待遇改善を目指すのであれば、転職を期に公務員保育士を目指して見るのも一つの選択でしょう。勤続年数に応じて昇給制度まである高待遇です。

 

2.労働環境を見極めてから転職しよう

 

女性が中心となる保育園、保育施設の仕事現場ではストレスが多くなりがちですから、労働環境の見極めは重要です。

人間関係に問題を抱えて転職を希望する場合には、働きやすい職場をどうやって探すかがポイントになります。

経営方針や理念に共感できるか、応募をする前に実際に希望する職場の見学に行き働き手や子どもの様子が明るいかどうか、そうした確認は怠らないようにしなければなりません。

また、保育士の数が子どもの数に対して充分でなければ労働時間も長くなりサービス残業も増えがちですから、その辺りも確かめておきましょう。

普段の保育の様子だけではなく、労働時間が延びやすいイベントの開催回数やそれによる保育士の負担なども事前確認が大切になります。

 

3.転職のタイミングを図る

 

保育士の転職活動が活発化するのは新年度の4月から仕事始めを目指すため、2月頃になるとされてます。

その時期になるといい求人が早々に埋まりやすくなりますから、待遇改善を求めて転職先を見つけたいのであれば、少し早めに活動開始するのが賢明です。

わざわざライバルが増える時期に争う必要はありません。働きながらいい転職先に目星をつけて内定獲得を目指してください。

 

妥協せずに条件に合う職場を探そう

 

保育士は子どもがいる限り需要が尽きることがありません。長く働き続けるためにも給与面、労働時間などの待遇改善を求めての転職先は妥協せずに探していってください。

多くの求人の中からより良い職場を見つけるために、転職サイトを利用したり自分の足で探して、比較検討しながら選んでいきましょう。

紹介サイト:保育士転職・求人サイトおすすめランキングを紹介します! – 転職×plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です