転職活動に備えての自己分析と人材会社のサービス

人間には向き不向きがあると、よく言われます。ですから転職を行うなら、自己分析を行う事も必要ではあります。

そうでなければ、転職後に苦労してしまう可能性もあるからです。そのためには、人材会社のサービスを活用してみるのも一法です。

 

1.人それぞれ異なる向き不向き

 

そもそも人間には、個性がある事は間違いありません。それぞれ適正も異なっている訳ですが、例えばプログラマ向けかそうでないかという問題はあります。

その職種に向く方もいますが、その逆もある訳です。プログラマに向いているかと思いきや、実は営業職向けというパターンもあるでしょう。

 

2.不向きな転職先で働くデメリット

 

それで問題は、不向きな仕事に就いてしまった時です。転職活動をするのは良いですが、残念ながら自分に向いていない会社で内定になってしまう可能性もある訳です。

その場合、苦労してしまう可能性もあります。自分に向いていない場合、仕事についていくのも大変ですし、なかなか成果を発揮できない可能性もあるからです。

努力によって何とかなる事もありますが、やはり多少の向き不向きがあるのも事実です。

 

3.一旦立ちどまって自己分析をする

 

それを防ぐ為には、やはり自己分析を行うべきでしょう。

転職をするのは良いですが、自分で自分の適性がよく分かっていないと、やはり苦労してしまう確率も高まります。

一旦は面接のスケジュールを組むのを中断し、時には自分の適性をよく考える事も大切です。一見遠回りに見えても、かえってその方が内定率が高まる事もあります。

 

4.人材会社による自己分析のサービス

 

ちなみに自己分析をしたい時には、人材サービスの会社に相談するのも一法です。なぜなら一部の会社では、自己分析に関するサービスを提供しているからです。

例えばある有名な会社は、サイトで自己分析をする事ができます。

いくつか質問に回答していく訳ですが、選んだ内容に応じて、自分の性格が画面に表示されるサービスがあるのです。

何もサイトだけではありません。人材会社によっては、紙媒体で分析をしてくれる事もあります。ですから自己分析に関するヒントを得たい時には、それを活用してみるのも一法でしょう。

急がば回れ。転職活動を効率よく進めるためのコツ | パソナキャリア

 

転職の自己分析についてのまとめ

 

以上を考慮すれば、

・自分の向き不向きを知るのは大切
・向いている転職先で働く為にも自己分析をすべき
・人材関連会社のサービスを利用してみる

主にこのように言えるでしょう。ちなみに面接では、自分の適性を自覚しているかどうかも確認される事も多いです。

人事選考に備えるためにも、よく自分を分析する方が良いでしょう。


保育士に関する転職フェアとその主な魅力

保育士の転職を行う際には、情報収集が1つのポイントになります。内定先を探すにしても、各園の姿勢なども把握しておきたいものです。

そういう時には、転職に関するフェアに参加してみると良いでしょう。手軽に参加できるのも魅力的です。

 

1.保育園の情報を得られるフェア

 

保育士の転職フェアには、様々な保育園の担当者が参加しているのです。

いわゆる保育園の紹介をする為に、担当者が会場に来てくれている訳です。ですからフェアに参加をしてみれば、多くの保育園に関する情報を得ることができます。

それは企業研究という観点では、非常に大切なのです。

 

2.各社を比較する企業研究

 

大学生の方々などは、よく就活の為に企業研究を行っています。何せ内定後には、1つの会社で長らくお世話になる訳です。

となると、大学生としては慎重に会社を選びたいと考える傾向があります。待遇が良い会社かどうかも見極めたいですし、会社のビジョンなどを確認したいと思う事も多々あるのです。

それで各会社の情報を集めて、比較検討する事になります。転職活動も、同じことを行う必要があるのです。

 

3.保育園の比較をするためにフェアに参加

 

それで各園のビジョンなどは、やはり実際に担当者から話を聞かなければ分かりません。

保育園の公式サイトなどでも、一応は経営姿勢などを聞く事はできます。しかし細かな情報となると、やはり担当者から話を聞いてみるのが一番なのです。

転職フェアに参加しますと、一気に数多くの保育園から話を聞く事ができます。ですから企業研究をする為には、一度は参加しておく方が良いでしょう。

 

4.面倒な手続きを行う必要も無い

 

ただ参加するとは言っても、イベントによってはやや大きな手間が生じる事もあります。事前の予約が必要だったり、入場料が無料になっているイベントも数多いです。

しかし保育園の転職フェアの場合は、そういった大きな手間もありません。入場料などは無料ですし、事前に予約をしておく必要も無いのです。

飛び込みでも受け付けは行ってくれますから、手軽に参加する事ができます。面倒な手続きが不要な点も、転職フェアの魅力と言えます。

人事はココを見る!意外と忘れがちな面接マナーをおさらいしよう

 

転職の為に一度フェアに参加

 

ですから保育士の転職フェアには、

・各保育園の担当者から話を聞ける
・詳細なビジョンなどを聞けるメリットがある
・事前に面倒な手続きを行う必要が無い

こういったメリットがあるのです。ですから良い保育園を見つけたい時などは、一度はそのフェアに参加してみるのが良いでしょう。

転職の為には情報は大事ですし、おすすめです。


保育士の転職活動にも利用したい資格取得に便利な特例制度

保育の現場の人手不足の解消手段として、幼稚園教諭の免許を持っているかたが保育士免許を取るために、または保育士として働いているかたが幼稚園教諭として働くための免許取得をしやすくするために特例制度が誕生しました。

これによって新たに保育現場に就職や転職をしようとするかたが参入しやすくなり、仕事先を探す際の選択肢の幅を広げることが可能になったのが大きなメリットです。

 

1.特例制度を利用することができる対象者

 

幼稚園教諭、保育士のいずれか一つの資格を持っていて、なおかつどちらかの資格を必要とする現場で実務経験が3年間4320時間以上あるかたを対象にして、通常資格取得に必要となる学習負担を軽減し、もう一つの資格を取ることができるという制度になります。

なお、この特例制度は2019年までの期間限定の実施ですので、転職を考えている場合には早めの取得をおすすめします。

幼保特例制度に関しては、

・現在就労していない場合でも過去の勤務経験を活用可能
・勤務時間などの実務経験は複数の職場での合算が可能
・受験の際は対象者であることを示す実務証明書が必要

このように、保育現場での仕事にブランクがあっても、一つの職場に長期間勤めていない場合でも対象となります。転職やキャリアアップを機に所持していない資格を取得する大きなチャンスです。

転職で“キャリアロンダリング”! ステップアップ転職 :女の転職 – Type

 

2.認定こども園で働くことができる条件を満たせる

 

転職先を探す際に認定こども園を視野に入れたいを考えるかたも多いでしょう。

しかし、働くためには幼稚園教諭と保育士のどちらも資格が必要となってきますが、実際に両方の取得者が少ないというのも特例制度が設けられた背景にあります。

施行後5年は片方の免許のみで働くことができますが、今のうちに制度を利用して資格取得を目指しておくべきです。

 

3.特例制度を利用するメリット

 

まず特例制度によって、働きながらでも資格取得のための勉強をしやすくなるという点が大きいです。

週に2回程度の講座履修から取得を目指すことができます。さらに、受講の仕方によっては最短で3ヶ月程度で資格を取ることが不可能ではありません。

学費負担も10万円以下で済むケースがありますから、利用しない手はないでしょう。

 

特例制度で資格取得を目指そう

 

特例対象者でしたら、実施されている2019年度までにもう一つの資格を取得しておくことをおすすめします。

対象者であることを示す証明書類の準備をして講座等で必要な単位を取得し、認定試験を合格すれば短い期間で晴れて有資格者になれます。

何よりも幼稚園教諭と保育士の両方の取得があれば働き先がそれだけ増えるということです。転職を考えた際にこれほど有利なことはありません。


待遇改善を求めての転職!保育士としていい環境で働こう

求人ニーズが高い保育士は、待遇改善を求めて転職をするかたが多く見られる仕事の一つでもあります。

保育士の転職理由として上位に挙げられるのは、

・給料への不満
・人間関係
・労働時間

など、他業種と大きな違いはありません。

待機児童を多く抱えており保育所の増設が進められている現代ですので、そこでは少しでも多くの働き手が求められます。売り手市場の保育士は、より良い条件の職場を求めて職場を探しやすいというのがメリットです。

 

1.給料アップのために公務員保育士を目指してみる

 

保育士として働き続けたいけれども給料が安すぎるのが不満、そんな悩みを抱えているかたは少なくありません。しかし、私立の保育園か公立の保育園かでもかなり待遇が違ってきます。

一般的に給料が安いとされている私立保育園の給料の相場は平均で300万円前後と決して高くないのですが、公務員保育士になると公務員と同じ水準となって500万円を超える程の差です。

私立保育園の中でも経営規模によって給料には違いが出てきますが、大幅な給与待遇改善を目指すのであれば、転職を期に公務員保育士を目指して見るのも一つの選択でしょう。勤続年数に応じて昇給制度まである高待遇です。

 

2.労働環境を見極めてから転職しよう

 

女性が中心となる保育園、保育施設の仕事現場ではストレスが多くなりがちですから、労働環境の見極めは重要です。

人間関係に問題を抱えて転職を希望する場合には、働きやすい職場をどうやって探すかがポイントになります。

経営方針や理念に共感できるか、応募をする前に実際に希望する職場の見学に行き働き手や子どもの様子が明るいかどうか、そうした確認は怠らないようにしなければなりません。

また、保育士の数が子どもの数に対して充分でなければ労働時間も長くなりサービス残業も増えがちですから、その辺りも確かめておきましょう。

普段の保育の様子だけではなく、労働時間が延びやすいイベントの開催回数やそれによる保育士の負担なども事前確認が大切になります。

 

3.転職のタイミングを図る

 

保育士の転職活動が活発化するのは新年度の4月から仕事始めを目指すため、2月頃になるとされてます。

その時期になるといい求人が早々に埋まりやすくなりますから、待遇改善を求めて転職先を見つけたいのであれば、少し早めに活動開始するのが賢明です。

わざわざライバルが増える時期に争う必要はありません。働きながらいい転職先に目星をつけて内定獲得を目指してください。

 

妥協せずに条件に合う職場を探そう

 

保育士は子どもがいる限り需要が尽きることがありません。長く働き続けるためにも給与面、労働時間などの待遇改善を求めての転職先は妥協せずに探していってください。

多くの求人の中からより良い職場を見つけるために、転職サイトを利用したり自分の足で探して、比較検討しながら選んでいきましょう。

紹介サイト:保育士転職・求人サイトおすすめランキングを紹介します! – 転職×plus